がんばらないけどあきらめない

挑戦して失敗して、成長することを目指すブログです。

ついついやってしまう、他人への嫉妬はどうすれば解決する?

先月より、アドラー心理学にはまっている。

 

今日は、アドラー心理学における『嫉妬』について、

考えてみる。

 

『嫉妬』=「自分の権利」を奪われるかもしれない「他者」に対する感情

とされている。

似たように使われる『羨望』とは異なる。

『羨望』=相手と同じようになりたいという感情である。

『羨望』は恨みに発展することはないが、『嫉妬』は恨みに発展する可能性がある。

 

嫉妬とはの本質は相手への疑惑である。

解決するためには疑惑を晴らすしかない。

そのために必要なことは相手に直接聞いてみるしかない。

日本は「空気を読む」や「察す」などがあるが、

たとえ家族でも相手の真意をわかることはできない。

相手の真意をわかることができないとは、

思考実験の『箱の中のカブトムシ』にも通じます。

それでも、相手に聞くことが嫉妬に対する解決策です。

良い答えが返ってきたならば、信頼関係の確認ができます。

一方、悪い答えが返ってきたとしても、行動した自分をほめたたえ、

未来のために行動しましょう。

少なくとも嫉妬による心のもやもやは晴れたわけですから。

 

ここで少し深堀します。

自分の場合は嫉妬することがあまりありません。

良い意味と悪い意味が二つあります。

良い意味は

相手、特に家族への信頼があることと、

家族は自分の所有物ではなく、

それぞれの権利を持っていると認識しているからです。

 

一方悪い意味は、

自分への自身のなさです。

自分が持つ権利なんでほとんどない、

相手が奪おうとするものなど自分にはない、

という自信のなさから、嫉妬することがないのです。

 

この悪い方については、アドラーでいうところの、

自己中心的な感情から来るのでしょう。

自分のことを他人は注目してくれる。

注目して考えたうえで、自分には価値がないと判断している。

そんな自意識過剰から来る自信のなさです。

 

現在読んでいる本は以下です。

 

 

マイ カラールールについて

  • マイ カラールールについて
    • 前文
      • 一時期はまっていたジェットストリーム
      • 自分の色の意味付けを紹介します。
      • ぶっちゃけえいやぁなブログ記事です。
    • メモについて
      • 自分のメモは
        • メモ帳
        • 本 ※直接書き込みます
        • 仕事用ノート
        • 手帳
      • に書いております。
      • それぞれの色のルールを紹介します。
    • Memo
      • 青 :メモ
      • 橙 :家族
      • 緑 :自分の考え
      • 水色 :仕事
      • 赤 :重要
      • 黒 :その他
    • Book
      • 青 :気になる
      • 橙 :共感
      • 緑 :自分の考え
      • 水色 :反感
      • 赤 :重要
      • 黒 :その他
    • Work
      • 青 :メモ
      • 橙 :タスク
      • 緑 :Plan
      • 赤 :重要
      • 黒 :突発
    • 手帳
      • 黒 or ブルーブラック
        • メモ
      • オレンジ
        • タスク
        • 自分の考え
        • 重要
      • その他
        • 反対意見

【ビジネススキル】3C分析で「自分」「競合」「環境」を知る

前文

3C分析についてまとめました。
文字数:1700

 

 

3C分析について

目的

競争市場の中で
勝ち残るための条件を見つけ出す
3 C 分析についてはよく自分の会社の強みなどを把握するために使われますがこれは自分単体のことを把握することだったり自分の例えば自分のサイトやビジネスそれどころかスポーツなどにも応用できると思います

①Company

自社を知る

・強み

自分の強みを知ることは最初に行うべきこと。
自分というものが市場に対して、
どういった特異性があるか。
どういった強みがあるかを明確にする。
逆に考えると自分が市場にどういった価値を提供できるかを
考える必要がある。

・弱み

弱みというものは、今後直してなければいけないところ。
と言うか、ここを直したいところをはっきりさせる必要がある。
マーケティングや集客などが足りないと思ったら、
それを勉強する必要がある。
ただ注意した方がいいのは、
自分の強みを消すような弱み、と言えばいいでしょうか
弱みをなくした結果、平均的な状態になるよりは
何が強みにそっ出してとんがった人材になる方が
市場からの評価は高くなることもあります。

・機会

機会、チャンスについて。
チャンスは基本的にはそれを逃さないようにするというのもあるが、
自分からチャンスをつかむためにどういった行動をするかなどを
考える必要もある。
例えば SNS でアウトプットしたり、
セミナーなどに行った時にただインプットとして聞くだけではなく
自分から周りの人に話しかけてみたり
講師の方とつながる努力をしたり
そういった機会を増やす方法も考える必要がある。

・脅威

個人で考えた時の脅威とは、
自分の夢や目標を妨げる存在ということになる。
例えば、会社の残業時間や無理難題を押し付けてくる上司など。
また家族もこの脅威になる場合がある。
ここで大切にしたいことは、あくまで自分の目的の一つにとっては、
脅威になるが、
例えば仕事ではなく、家庭でゆっくり過ごすなども必要な時
と言うか目標になる場合もある。
全てを削ぎ落とすということではなく、
バランスを持って自分の余裕をどうやって維持しながら
目的にむかっていく。
それを把握するためにも脅威というものを認識する必要がある。


②Competitor

競合を知る

・競合は誰?

競合とはなんでしょうか?
例えば同じようなターゲットだった場合はもちろん競合になるます。
後は全く違う業種でも、
今の市場を根本から覆す技術を開発する企業などは競合になりえます。

・状況は?

競合の状況を知りのは難しいと思われがちですが重要なことです。
会社だったら四季報や株式情報、製品などをティアダウンすることで
相手が何を強みにしているのか、原価や売価どを把握する努力をする。
個人で考える場合は競合の状況を知るというよりかは
競合の強みを如何に自分に活かすかだ。

③Customer

市場を知る

・市場の環境

戦うべき場所がどこなのかをはっきりさせることも重要な要素のひとつ。
自分がどこで戦うかどういったビジネスをするかを知った上で戦略を立てる必要がある。

・顧客ニーズ

自分が考えたビジネスだったり価値が、
本当に顧客のニーズに一致するのか
顧客が何に困っていて、それを解決するために自分は何かができるのか
何をしようとしているのかを考えてはっきりさせる必要がある。
そうじゃないとただの自己満足のビジネスになってしまい、
自分のやりたいことをやりたいだけで
実際に市場には全く受け入れられない製品やビジネスとなってしまう。

方法

下記項目は今後取り上げていきたいと思います。
①Company:SWOT分析
②Competitor:5F分析
③Customer:STP分析

 

まとめ

色々話したが
この3 C 分析はどれかをやればいいというわけではなく、
正三角形のようにそれぞれを把握して理解することが大切。
自分自身を把握しても相手と戦う戦場を理解しなければ、
ただの自分満足になってしまう。
相手のことを調べても、自分が提供できる価値がなければ、
戦うことはできません。
市場のことだけ調べてなったとしても、
どういった製品を自分が提供できるか、
逆にはどういう製品を競合が出しているかをわからないと
単に現状批判するだけになってしまいます。

 

理想の夫婦とはどんな関係か?

前文

理想の夫婦について考えてみました
あくまで個人の考えです
文字数:600
読み終わるまで約1分

 

 

理想の夫婦とはどういうものかを考えてみる

自分は結婚して2年になる
ぶっちゃけ、以前自分が理想としていた夫婦とはかけ離れた夫婦関係になっている

結婚する前の理想

自分が結婚する前に理想としていた夫婦関係は
お互いが成長しあえる関係、切磋琢磨するような関係を
考えていた

結婚した後の理想

しかしながら実際
お互いの「癒しの場」としての関係が
今の自分達の夫婦の関係である
今になって考えるが、
現状の方が良かったと自分を考えている。
その理由は
・自分自身が成長する場は、仕事や自分で勉強すればよい
家庭まで勉強していたら、休む時間が無くなってしまう
ずっと張り詰めたゴムはいつか切れてしまう、
スピードを緩めたり疲れた時に休む場所がどこかになければいけない。
自分にとっての休憩スペースこそが家庭になっている。

いい夫婦の条件とは

いい夫婦のためには
・趣味が合う
・食事の志向が合う
とかはあると思うが、
うちの家の場合はそのどちらにも当てはまらない
お互いの趣味は全く違うし
食事の志向についても全く異なる

まだしっかり読めていないが
「ベストパートナーになるため」ジョン・グレイ著
のまとめを読もうと思っている。
内容はまだわからないが、自分としては
お互いがお互いを尊重しあうことが
大切なのではないかと思う。

【名言】明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

前文

・偉人の言葉を紹介します

・900文字

・1分くらいで読めます

 

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」
ガンジー

 

ja.wikipedia.org


「明日死ぬように生きよ」

f:id:watanbetau:20200303215237j:plain

自分がやり残したことがないように
日々を生きるということだと思う
似たような意味の言葉として
メメントモリ
と言う言葉がある。
意味としては
「死を忘れるなかれ」
七つの習慣の
「終わりを思い描くことから始める」
などがある。
自分のゴール、それに対するアプローチが
できているかいないか
それが日々の生活で大切なことだ

社会人になると1年間が本当に早い
今年ももう2ヶ月経ってしまったのかと
よく先輩と話している
その原因としては
同じ作業を繰り返していることが原因だ
仕事に慣れてしまうと
新しい感動や変化、挑戦が少なくなる
良く言えば安定、悪く言うと、無為に過ぎていく
そう考えるとこの言葉の
「明日死ぬように生きよ」
というのはなかなか考えさせられるものがある


「永遠に生きるように学べ」

f:id:watanbetau:20200303215206j:plain



自分も常々思っていることだが
何かを始めることに遅すぎることはない
具体的な数字は忘れたが、
ビジネスでも登山などでも高齢から始めて
大きな成果を出した人はたくさんいる。あ
ケンタッキーのカーネルサンダース氏などだ。
自分の年齢を理由に
挑戦することをあきらめる必要は全くない
人生100年時代になっている今
定年したとしても3-40年間
自分で楽しみを見出せなければいけない

お金はその人がそれまでに培ってきたものだが、
時間は全ての人に平等に与えられている
その時間を有意義に過ごせるかどうかは
その人の考え方次第だ。
すぐにできない言い訳を見つけてやらないよりは
チャレンジをしてみることに全フリすることが良いと思う

将来に向けて

f:id:watanbetau:20200303215229j:plain

社会人として思うことは
社会人になってこの会社だとどうだかなーって思ったりぐちを言ったりするのではなく、

転職するための活動をしてみたり
自分の市場価値を上げるための活動をしたり
また、その会社の中でも別の部署に異動を希望したり
その部署の風土自体を変える努力をしてみる

やけっぱちになって先輩や同期と
愚痴を言い合うような仲になっても
状況は何も変わらない
何か行動を起こすことが最善である

【ビジネススキル】SMARTなゴール設定をするために

前文

ビジネススキル【SMART】の紹介
書きかけ記事です
文字数:約1300文字
2分くらいで読み終わります。

 

 

SMARTについて

具体的な項目は下記である

  • Stretch:高め
  • Measurable:測定可能
  • Achievable:達成可能
  • Realistic:現実的
  • Time-related:期限付き

注意してみるべき要素は下記2点である。

①目標レベル
  • 心地よい
  • 挑戦的である
  • 危険である
②コントロール可能性
  • 何もできない
  • 影響を与えられる
  • コントロールできる

 

感想

粒度について

スマートと一口に言っても実際に実践できていることは少ない。
特になんとなくTo Doリストを作成している場合は、
タスクの粒度がバラバラであり、
とっつきやすい仕事ととっつき難い仕事になってしまう。
そうすると、やりずらい仕事はいつまでも手付かずになってしまう。

プロジェクトについて

またプロジェクトとは未知のものに挑戦するであり、
見通しがつかないことを具体的なゴールにするときは
・どのタイミングでレビューをするべきか
・誰に聞けばいいのか
・いつまでに終わらせるべきなのか
などが手探りで行わなければいけない。
経験がある場合は、肌感覚で設定するしかない。
しかし、意識して仕事をしていないと、それはできない。

PDCAサイクル

最初は失敗する、というか、自分も失敗しまくっている。
SMARTを意識しても、忙しいからと設定できなかったり、期限を守れなかったり・・・
ただ、必ずいえることは、
間違っていたとしても、自分で設定したゴールでやってみて
間違っていたら次を直すを繰り返すことが大切だということだ。
漫然と仕事していればそれはただたその一回の仕事で終わってしまう。
自分の仕事の内容を設定して振り返る方法を学ぶことで
次に活かすことができる。

ちょっと深堀して・・・

SMARTな目標設定は、
・チームの目標設定
・個人の目標設定
のイメージですが、
・メンターや上司が仕事を依頼するとき
も意識すべきことかなと思います。

 

自分に当てはめて考えてみる

SMART
  • Stretch:高め
    自分に甘いと面白くない
  • Measurable:測定可能
    重要
    自分のためにも見えるようにしなければいけない
  • Achievable:達成可能
    地道にやれば達成可能なこと
    自分にコントロール権があること
  • Realistic:現実的
    マイルストーンは現実的に
    ただし、現実的すぎるととびぬけることはできない。
    がむしゃらに頑張れるなら、突拍子もないゴールを設定して
    行動すれば、そのゴールは未達でも、無難なゴールなんかは
    飛び越えられている
  • Time-related:期限付き
    納期意識
    ※納期がないのは仕事じゃない


    来月までに体重を2㎏落とす
  • Stretch:高め:微妙か?
  • Measurable:測定可能:体重は数値
  • Achievable:達成可能:頑張ればできるか
  • Realistic:現実的:Howに言及していない
    どうやればできる?
    ・毎朝筋トレ
    ・食事は?
    →食事制限はしたくない
  • Time-related:期限付き:来月(1か月)
目標レベル
  • 心地よい
    変化しない
    安定した状態
  • 挑戦的である
    変化する
  • 危険である
    無理をする
    周りに強要する
コントロール可能性
  • 何もできない
    社会情勢
    経営方針
  • 影響を与えられる
    上長
    所属グループの風土
  • コントロールできる
    自分自身
    自分自身の選択
    自分自身の受け取り方

【自己啓発】ブッダの真理のことば・感興のことば

前文

自己啓発本の紹介
書きかけ記事です

 文字数:700文字

1分くらいで読み終わります。

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫)

  • 発売日: 1978/01/16
  • メディア: 文庫
 

 

喜びを糧にする

出来事や世の中のありように頼る必要はない

自分の軸があれば外因による喜びではなく内因による喜びを得ることができる
極端な話、承認欲求も外因による喜び
過去の自分からの成長、何を行ったかに集中する

満たされていれば野心や所有が幸福に至る道として劣っていることがわかる

自分自身の成長、自分が何をできるか、何を社会に与えることができるか

執着しない

世の中のはかない本質を知り、出来事をすべて受け入れる

恐れやみじめを減らすことができる
物に執着すると、より良いものを求め続ける
大局的なものの見方をする
ミニマニストの本質
⇒本当に大切なものを大切にするようにする

自制心を持つ

「思慮ある人は、奮い立ち、努力を励み、自制・克己心によって流すことのできない島をつくれ」

「ひとり坐し、ひとり臥し、ひとり歩み、なおざりになることなく、我が身を整えて、林のなかでひとり楽しめ」

 


いい言葉
自律自治
ひとり楽しめ
漫然と生きるということが嫌いである
遊ぶにしても自分の意思を持って遊ぶ
休みにしても自分の意思を持って休む
仕事においても言われたからやるのではなく自分の意思をもって行う
家庭においても世間一般のご家庭がこうだからこうしなきゃいけないと思うのではなく自分の理想とする過程や環境を明確にして人生を楽しむ

日常からの悟り

仕事や家庭でも成長できる
いわゆる瞑想などではない
「世にあって、世の一部になるなかれ」
自我と超自我、イドを鍛える

報復を回避する

怒らないことによって怒りにうち勝て。善いことによって悪いことにうち勝て。真実によって虚言の人にうち勝て。