がんばらないけどあきらめない

挑戦して失敗して、成長することを目指すブログです。

自己理解を深めるのと今日の積み上げ


f:id:watanbetau:20210420224449j:image

今朝の一言

朝はやっぱりまだ寒い。
ただ「上着ないと我慢できない」から「上着がなくてもギリギリ我慢できる」ぐらいになってきた。
今朝は、5時に起きてモーニングメソッド短縮バージョン。
5時起きでモーニングメソッドは実施可能なようだ。
エクササイズはスクワットのみだが、やらないよりはやったことほうが自己肯定感ははるかに高い。

自己理解

価値観

自分のミッションステートメント
『多様な世界観を自分の世界観に取り込む』だ。

自分の価値観は『MODE』

この四つだ。

さらに善悪の基準、目指すべき姿としてストア哲学がある。
ストア哲学の四つの美徳に従って生きる。

  • 知恵
  • 自省
  • 勇気
  • 公正

自分の特徴

自分の特徴として多様な世界観の中に自分を放り込みたい欲がある。
新しいことに対しての挑戦してみるハードルが低い。
また新しい人と対話することにそこまでのためらいがないのも強みの一つである。

あとは習慣の力を信じる。
『一時的なやる気』よりも『継続した習慣』に価値を置く。
習慣という意味では薪活動や芝活動も自分の習慣に取り入れたい。
自然を通じて自分自身と対話する時間を設けたいのだ。
対話と言っても、できるだけ無心で作業できるようなことが望ましい。

 

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン

読書

日経ものづくり

モデルY搭載、熱の司令塔 「オクトバルブ」 テスラが問うソフト時代のハード

インテルのゲルシンガー先生の話といい、工場に来てからというもの製造についての記事が気になる。
テスラやインテルのトップの言葉はなんとなく励みになる。
個人的に今はソフトに寄っているが、ハードに降り戻るときが来ると思う。
プラトン主義と反プラトン主義が行ったり来たりするように。
記事の中の『優秀な制御アルゴリズムを表現するためには、優秀なハードが必要』という内容が刺さった。

ものづくりの基礎
自分みたいなにわかには助かる記事。

Podcast

都市伝説 オカンとボクと、時々、イルミナティ

理系と文系の区分け面白かった。
感覚的にはまだ理系なようだ。

ハンニバル・レクチャー

二次元殺人鬼大賞

ダンガンロンパネウロはわくわくしたなぁ。

自分だったらなんだろう・・・ 東川篤哉先生の『交換殺人に向かない夜』はすげぇって思った記憶が・・・

TED Talk Dialy

まだ聞き取れん・・・

ECC 英会話 Podcasting 知ってる単語でこんなに話せる!

ride out ~:~を乗り切る

We have to ride out COVID-19.

日経トレンディ

今回は気になる内容なかったかな

Instagram

note

note.com

Twitter

YouTube

youtu.be

 

日々是精進

理想の人物像と適当につらつら

 

理想の人物像について

今日のお題は理想の人物像。

  • 野望が強いので父親
  • 多様性を認めるもしくは多様性をありのまま受け入れてビジネスに活かすという点でP.T.バーナム
  • 仕事への矜持、自分の生き方への矜持の持ち方として八代目八雲
  • かっこよさと肉体強度からHHH
  • 周囲の人の巻き込むのと常識を打ち破る人として詩羽
  • ユーモアと余裕という点でキャッスル

理想のリーダー像としては劉邦鬼平をあげている

  • 劉邦は周りに支えられる人物として
  • 鬼平は信頼して任せて、最終的な責任は自分が取るというスタンスについて

それぞれの人物の共通点は

  • 自分の生き方に軸や矜持を持っているか
  • 自分なりのスタンスや判断軸がはっきりしているか
  • 自分で選択する主体性を持っているか

こんなあたりだろうか?

つまるところ、まずは自己理解が重要なのかと思う。

朝活報告

本日4時起床。
1時間のモーニングメソッドを実施後、
パワーナップということで仮眠を取った。
時間自体は50分程。
再び起きるのはしんどかったものの
効果は大きいと感じた。
一日を通じて眠気が普段の半分くらいのイメージ。

新しい3rd Place

「TalkStand」アプリをダウンロードしてみた。
朝6時の段階だと対話はちょっとできなさそうかな。
音声入力が終わった段階と言うかどこかのコンビニに寄って試しに
募集をかけてみようと思う。
その中で音声状況とか含めて上手くいくかどうかを試していこう。

仕事について

仕事については、今のところ不満はないかな。
自分なりにできるところを増やして行こうとしている。
個人タスクの更新は日々行なっていこう。
一気に忙しくなると思うので、その時にうまくできなくなると一気に破綻してしまう。
継続してウォッチし続けることが重要だと思う。

 

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン

読書

たちどまって考える

ヤマザキマリ先生の世界観であり、
イタリアの世界観に触れられるのが楽しい。

特に、弁証についての考え方は耳が痛い。
自分の意見を求められているのに空気を読めと
なかなか難しいことを求められる日本との対比がまた痛快。

 

たちどまって考える (中公新書ラクレ (699))

たちどまって考える (中公新書ラクレ (699))

 

 

Instagram

note

少ないほどよい〜マルクス・アウレリウス〜|わたんべ多雨|note

Twitter

 

日々是淡々

今日の積み上げと言志四録についてちょっと

前書きという言い訳

平日の記事は基本的に通勤時の音声入力で種を作っといて、
体裁を最低限整えてアウトプットしています。

つまるところ休日である今日は種がないので花が咲きません。
それでもぺんぺん草でもはやしたいので、今日の積み上げをのんべんだらりんと
垂れ流すことにしましょう。

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン


f:id:watanbetau:20210410233511j:image

読書


f:id:watanbetau:20210410233501j:image

言志四録

「知情意のバランスがとれている」

知:知性
情:感情
意:意思

カントの「理性・感性・悟性」に通じるものを感じる
言志四録面白い

たのしいスケッチノート

インフォグラフィックともグラレコとも違う
面白い
矢印の方向が自分に向いているのはいい感じ
グラレコはどうしてもアウトプット前提になってしまい、披露する場面が限られる
そこに飛び込めって話でもあるんだけど・・・

図説・標準 哲学史

より体系立てて哲学と向き合いたい
というか、ギリシア哲学に系統しすぎてる気がするので、近代哲学にも触れてみたいと思って
ホッファーいいよホッファー

Instagram

note

note.com

Twitter

日々是悠遊

メーカー勤務の普通のサラリーマンが自分の『価値観』を深堀してみた。

タイトル通りだよー。

価値観の深堀

価値観について深掘りする。

今までは

  1. O オリジナリティ
  2. D ダイバーシティ
  3. E エフィシエンシー
  4. M メタモルフォーゼ

この順番で考えてきたがメタモルフォーゼを一番前に持ってくるとMODEというスペルになる。
ODEMよりMODEが文脈が繋がるし『流儀』という意味も好み。
優先順位を考えると、変化すること変容することは自分の中で上位概念にあることに気づいた。

  1. M 変化すること
  2. O 独自性を持つこと
  3. D 多様性に触れること
  4. E 効率的であること

この順番で自分の価値観としていこう。

Whyついて考える

M メタモルフォーゼ

なぜ変容変化したいか?
そもそもあえてメタモルフォーゼという単語を使っているのか。
『Change』 というのは 『A から B に変えること』のイメージに対して、
Metamorphose』は『Cを内包しながら C’に変容する』イメージであり、こっち方が自分の感覚にしっくりくるからだ。
そっくりそのまま何かを変えるのではなく、いままでのベースもありながら変化することを自分は求めている。
一方で、全く変化しない状態、更新されない状態というのは自分にとって非常に不本意な状態である。

尺度
またメタモルフォーゼの中でも、変化に気づくためには尺度が必要と考える。
毎回違うことをしていたらそれはチェンジであり、自分が成長もしくどのように変化しているかに気づくことができない。
それを知るために必要なことは習慣化だ。
習慣化を実施して自分の尺度を見つけることである。
そうすることによって自分の考え方や行動にどういう変化があるかが明確にわかる。
もちろん継続することによる複利的な成長も習慣化には望んでいるかが、
どちらかと言うと自分自身の変容を知るための尺度として習慣化が重要であると考えている。

O オリジナリティ

決められた事を決められた通りに行うことが苦手である。
守破離』の守が苦手。
決められたことを決められた通りやるのがすごい嫌い。
その割にはルールとかは守りたがる。
ゴールを求められて、そこにいたる過程の自由度というか裁量性によって自分の感覚が変わるのかな?

D ダイバーシティ

多様性について。
自分が知らないことがあんまり好きじゃないんだろうな。
いろんな世界観を自分が触れたい願いが強い。
社会的なダイバーシティとかではなくて、
どちらかというといろんな考え方や世界観に自分自身が触れたいって言う願い。
だから新しいインプットに対して貪欲だし、旅行とか人との対話をしたいと思っている。
多様性のある会社の方が生産性が高いとか
LGBT とかそういったものの考え方を認めなきゃいけないみたいな感じなものとは全然違う。
あくまで自分自身のため。

そもそも自分の本質が素直に受け取りがちなところがあるので
考え方を素直に受け取ることで自分自身が変わることが快感だったのかな?

E 効率

大前提として人生が有限である。
世の中の世界観が膨大にあるし、自分の人生も有限である。
いつ終わるかもわからない中、多様な世界観に触れたり自分が変化するには
効率的である必要がある。
とはいえ・・・自分が無駄と捉えてるものに対してそれは本当に無駄なのかは分からないよね。
決めつけるのもなんか違う感じがする。
効率的にっていうのは生産性とかタスクの問題ではない。
人生をよく生きるための一つの指標として効率を求めている。
無駄を楽しむことこれもまた自分の価値観の中で大きな要因の一つである。
しかし意図に反してい、できるだけ無駄をなくしたいって願っている。
効率的っていうのはそこに集中できてるかどうかの指標なのだろうか?
マルチタスクでもシングルフォーカス、みたいな?

どちらかと言うと効率というのはどこに集中するかとその割合なんじゃないだろうか?
例えば人生の充実もしくは自分自身の欲望のままに自堕落な生活を過ごす、
それ自身は自分自身が楽をするという点では非常に無駄がない状態である。
しかし大局的に考えたりもしくは自分自身の成長とかと考えると非常に無駄な時間となる。
その時に何に集中して
それが全体自分の人生のどのぐらいの割合なのか
中庸とかバランスといった点で考えるのが効率なのかも。
そう考えると自分にとってのオリジナリティと効率っていうのは全く違うわけなんじゃないかなぁ。

 

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン


f:id:watanbetau:20210408223858j:image

Audible 
嫌われる勇気

嫌われる勇気

 

 

 

 

Instagram

note

意見を変えることを恐れない|わたんべ多雨|note

Twitter

日々是悠遊

『自己理解メソッド』やってみた

前書き

電車通勤から車通勤に代わり、
一日の勉強時間が減る恐れが出ていた。

以前からチャレンジしているAudibleを本格的に聞いている。

今日聞いたのは
八木仁平先生著の『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』だ。 

 本著の中では
やりたいことの見つけ方=自己理解メソッド
として取り上げている。

せっかく学んだことなので自分の自己理解を深めてみようと思う。

自分の価値観の深掘り

今までの自分

今までは『成長すること』が自分の価値観だった。
だが『成長する』と言っても
どうすれば成長したことになるかぼやけていた。

自分の考えを深掘りしてみると…

  1. 社会への影響力を高めることにはあまり興味がない
  2. 自分自身がどうなるか、どう変化するかが何より大切

つまり、思考のベクトルは自己の内面に向かっている。
そういう点ではアドラー心理学や哲学のように自己の内面を鍛えることは
理にかなっていると言える。

ミッションステートメント

ミッションステートメント

『多様な世界観を自分の世界観に取り込む』だ。

これは1年くらい前から変わっていない。

価値観

価値観を深掘りして『ODEM』という言葉を作ってみた。
O オリジナリティ:独自性
D ダイバーシティ:多様性
E エフィシェンシー:効率
M メタモルフォーゼ:変化

オリジナリティ:独自性

今までの自分の仕事ぶりを振り返ってみると…
守破離』がことごとくうまくできなかった。

具体的にはあらかじめ決められた既定路線の評価関係が苦痛で仕方なかった。
できる限りやりがいを持たせようと、効率やソフトなども考えてみたものの、
基本的にあっていなかったのだと思う。

自分なりのやり方を模索したり思考したりするのが大好きなのでる。
仕事の進め方も、自分なりの価値基準によってタスクの優先度ややり方を決めてしまうのだ。

裏を返すと自分のオリジナリティを非常に重要視することになる。

ダイバーシティ:多様性

前述したとおり、自分以外のことを認めるまたは取り入れることによって自分自身を向上・変化させたい。
逆に自分の価値観や考えを押し付けるような言動や人物に対しては反感を抱くのだ。

ダイバーシティは社会全体で取り上げられているが、自分の場合はもっと小規模だ。

  • 他者との対話
  • 小説を読むこと
  • 芸術に触れること

 すべての経験が作り手の世界観だし、それをくみ取れる思考力を持ちたいと願っている。

エフィシエンシー:効率

『効率的であること』が無意識に重要視されている。
仕事での手戻りや効率的でない行動、効率的でないタスクの順番などがものすごい苦手


ツールやソフト、知っていれば楽になることなどに対して非常に興味が惹かれるし、
知らなかったゆえに非効率な時には無意識に苛立ちを覚えてしまう。

メタモルフォーゼ:変化

今までは成長とひとくくりにしてきたが
『成長すること』がわからなくなってきた。
そこで『変化すること』そのものを肯定する。
『変化する』、つまりは何らかの『行動』をすること、自分なりの『思考』をして『選択』をすること、これらを全面的に認めるのだ。
逆に、『停滞』や『安定』は好みではない。

常に新しいインプットをして、アウトプットをして、自分を変容させることが
自分の人生命題または価値観としている。

自己理解メソッド

そんなこんなで自己理解メソッドだが、
明日も朝早いのでとりあえずざっくばらんに書いたのを残していく。
そのうち気が向いたら続きをやってみよう。

好きなこと
  • 哲学
  • 読書
  • 体を動かすこと
  • 思考すること
  • 人と対話すること
  • 自分独自のやり方を考えること
  • 全体の考えをまとめて見える化すること
  • インプット
  • 体力持続力
  • 精神的タフネス
得意なこと
  • 肉筆
  • なんとなく動かしてみること
  • 自分の意見を持つこと
  • 連想想起
  • 習慣化
  • 人の話を素直に聞くこと
大切なこと

多様な世界観を自分の世界観に取り込む

オリジナリティ
ダイバーシティ
エフィシエンシー
メタモルフォーゼ

やりたいこと

他者との関係

対話を通じて他者自身の考えをまとめたり、連想することで相手にアウトプットすること?
自分が思うに他者の成長や価値提供にそこまでの自分自身の価値を見出していない。
どちらかと言うと他者との関わりの中で自分の意見を述べること、
また自分自身の考えが変わること変化することに重きを置いている。

どうしてもアドバイスとかだと対等な感じじゃなく感じちゃうのかな?
自分も他者も対等な立場であるという考えから、
お互いが成長変化したいという願いがある。

唯一無二の技術者

技術職でありながら哲学好き。

技術書以外の本をよく読んでいることは差別化できるのではないだろうか?
エンジニアやメーカーのサラリーマンであることもまた自分の差別化ポイントである。

就職活動や新入社員研修の時に自分がなりたい人物像について
『唯一無二の技術者』と書いてあったなぁ。

そのための方法は異業種や他部署を橋渡しすることによって
唯一無二の技術者という風に書かれていた。

多様な考え方、視点、視座、視野を持つことによって自分自身の独自性を見出していきたいのは昔からのようだ。

トランジスタ人材

回路の仕事をしていた時は『トランジスタみたいな人』になりたいと言った。
これは言い得て妙で、相手の考え方を拡散するだったり整える役割をしたいという意味だ。
トランジスタ人材みたいになりたいっていうのはなかなか面白い例え方なんじゃないかなと思う。

肩書き?

サードプレイスのプロフィールとしては

といった肩書きを自分自身にもっていきたい。
それぞれの肩書きにおいて成長するために

  • 直近で何できるか
  • 中期的に何ができるか
  • 長期的に何かできるか

を考えることによって
『自分の家庭での役割』と『職場での役割』以外の役割を
明確にして深掘りしていくことができる。
自己理解だけではなく社会の中での自分の立ち位置を多様化させていくイメージだ。

 

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン


f:id:watanbetau:20210406225723j:image

Audible

 

 

Instagram

note

note.com

Twitter

日々是淡々

新しい仕事

 

新しい仕事

こんなタイトルですが、
転職の記事ではないです。

とはいえ、この春、
技術開発から生産技術に華麗に異動と相成りました。
(ヒューヒュー、パチパチ

異動通知のとき

内示をもらったときを思い返すと・・・
・2月のこの時期に上長と2者面談ということは、、、
・いろいろ察して、ワーストケースを想定
・上長より「生産技術」との内示
・はて「生産技術」とな???
いいわけをさせてもらうと、
もともとの部署で自分は工場との関わりはあるものの、
生産技術との関わりはありませんでした。

ストアの言葉

ここでストア哲学の言葉を思い出しました。

外的なものに心を乱されるとき、
君の心を乱すものはそのもの自体ではなく、
君の受け止め方である。
そして、君の考えひとつで、
それをすぐにでも消し去ることができる

マルクス・アウレリウス『自省録』~

 

異動そのものに不快感を示す人もいる。
異動先に不満を持つ人もいる。

しかし、マルクス・アウレリウス先生の言葉のおかげで、
自分は極端な反応をせずにすみました。
ただ、自分の無知を自覚したのです。
生産技術とは何かわからない。
そんな中、うれしいとも悲しいとも判断することはできない。
ましてや仕事において、業務内容より人間関係のほうが重要といわれている。
どんな人たちが働いていて、
どんな人たちのために働くのかわからないんだから。

今年の目標

もう一つは年始の目標立てもよかったです。
『変化に対応できる人間になる』
異動によって大きな変化をすることができます。
逆に言うと、今までの部署だとそこまでの変化をすることはできなかったです。
このような変化に機会をくれた会社と、ストアの神々に感謝をしていました。

初日の感想

引継ぎなどでバタバタした3月を経て、
ついに本日生産技術に初勤務しました。
たかが1日、されど1日。
率直な感想は、『あっているけど、このままだといけない』
手足を動かす業務、カスタマーである現場の要望と結果がダイレクトにもらえる環境、
これは今までには感じたことのないやりがいを感じました。
正直いうと、感じすぎました。
これではいけないです。
目の前の声にのみ答えるのではない。
全体最適化、会社全体、自分の成長、お金を生むためにどうすればいいか、
問いの種はたくさんあります。
思考を止めずに考え続けること、
疑い続けることを忘れずに
新しい環境で変化し続けたいと思います。

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン

Instagram

note

思考の色|わたんべ多雨|note

Twitter

 

日々是精進

読書メモ『たちどまって考える』ヤマザキマリ著

たちどまって考える


f:id:watanbetau:20210329225815j:image

ヤマザキマリ先生の世界観に触れてみたく、
『たちどまって考える』を購入。
いきなりガツンと殴られる。
イタリアでの「弁証」についての記述だ。

知識を取り入れて、租借し、人前で話すという訓練の賜物だと思います。
丸暗記しただけでは、相手に説得力をもって伝えることはできません。

どれだけインプットしてもそれだけでは自分の力になることはない。
自分の中で再構築して、アウトプットすることで初めて自分の物になるのだ。

なるほど、いくら頑張って本を読んでも、それだけでは意味がない。
自分の目指すところである、『知識を血肉にする』ことについて書かれている。

気になった項目を少し読んだだけだ。
それだけでも、
ヤマザキマリ先生の落ち着いた口調と、
日本に偏らず、かといってイタリアに偏らない。
それぞれの視点を行き来しながら、まるでゆりかごのようにたゆたいながら読み進めていける。
その結果、不意打ちでガツンと殴られるのですが・・・。

#今日の積み上げ

モーニングメソッド/ナイトルーティン

読書

『たちどまって考える』ヤマザキマリ

Podcast

人生の品質向上委員会
珈琲ラジオ
おもれき

Instagram

note

世間に気に入られようとしてどうする?|わたんべ多雨|note

Twitter

 

日々是精進